しょげイベ情報局っ!

eスポーツに対する独自の考えやストリートファイターVを中心とした不定期に開催される「しょげぴーイベント」について、様々な方が寄稿していただくブログです。 連絡先 Twitter→@Gameplay623 Gmail→syogepixiv1@gmail.com

ケン調整内容感想

お久しぶりです。しょげぴーです。

緊急事態宣言により生きがいを失ってさまよってます。

 

今回は最近のアプデでアッパー調整が入ったケンについて調整内容に対する考えや感想を書いていきます。

 

 立ち強K

①クラッシュカウンター発生時の吹き飛び距離を減少しました
②クラッシュカウンター発生時の吹き飛び時間を増加しました

 カウンター時の挙動が変化。クラッシュカウンター時にVS2選択時でも画面中央で追撃ができる様になりました。VS1選択時は立ち強KCH→VS1→強竜巻で画面をより多く運ぶことになりました。純粋なダメージアップです。地味に判定も下方向に強くなっている気はするのですが記載はなし。

しゃがみ中P

 ヒットバックを縮小しました

 密着時にしか繋がらなかったしゃがみ中P→顎撥二連が繋がりやすくなりました。今までは少しでも距離が離れているとしゃがみ中Pのあとに微歩きをする必要がありました。逆に画面端スタンコンボである、しゃがみ中P→顎撥二連→弱波動拳→強昇龍拳が少し繋がりにくくなりました。顎撥二連の2発目をディレイをかける必要があります。また後で記載するしゃがみ強Pへのアクセスにも一役買っています。

しゃがみ強P

①ヒット時の硬直差を-4F⇒+2Fに変更しました
②空中の相手にクラッシュカウンター発生時の吹き飛び時間を増加しました
③奮迅脚へのキャンセルタイミングを2F早くしました
④龍閃脚へのキャンセルタイミングをヒット直後に変更しました

 一番調整が入った箇所。要するに

  1. カウンター確認が簡単になった。
  2. 差し返しでしゃがみ強Pが使えるようになった。
  3. 通常ヒット時にコンボルートが伸びました。

といったヒット確認、カウンター確認ができるプレイヤーに恩恵がある形です。

カウンターヒット時は立ち強Pや立ち強Kと同様にカウンターヒット時のみキャンセルできるタイミングができました。

差し返しでしゃがみ強P→強竜巻(後半3hit)→弱竜巻→強昇龍といった高火力な差し返しコンボができるようになりました。ただ、弱・中攻撃に対し手見てから差し返すことは難しいため、ザンギエフの立ち強Pといった空振り時、隙が大きく当たり判定が前に出ている技に対して差し返すのが主な使い道になりそうです。

通常ヒット時のヒット猶予が伸びたため、しゃがみ強P→VS1→弱竜巻が繋がるようになりました。これはしゃがみ中Pや立ち弱Pのカウンターヒット時はしゃがみ強Pへつながるため、しゃがみ中Pや立ち弱Pカウンターヒット確認のボーナスが大幅に上がりました。ただやってみるとかなり確認が難しく、通常ヒットも見据えた運指も難しいです。当分はカウンターヒット確認が課題になりそうです。

しゃがみ中K

 ヒットバックを縮小しました

 ヒットバック縮小により、密着からしゃがみ中Kを3回ガードさせることができます。

後で記載する強昇龍拳にもフルヒットしやすくなり、ヒット確認であったしゃがみ中K→弱竜巻も弱竜巻の初段がヒットしやすくなり、ダメージアップが見込めます。

【通常】弱竜巻旋風脚

 初段がヒットしなかった場合、2段目のダメージが30⇒50になるよう変更しました

 ヒット確認猶予17Fのしゃがみ中K→弱竜巻の単価が15アップしました。

※弱竜巻は2つ目の技なので補正90%入っています。

【通常/VT1】強昇龍拳

攻撃判定を前方に拡大しました 

 2番目に調整が入った箇所。見た目が派手なのでSNS受けしますが、内容は思ったより控えめです。攻撃判定がでている発生から6,7Fの前進距離が伸びています。そのため、ガードさせて6,7F有利になる技への確定反撃やブランカのローリングアタックなど突進技への確定反撃が安定するようになりました。また、前進距離が伸びたので、リュウ波動拳といった中距離での弾抜けにも活用しやすくなりました。

反撃リストは動画でまとめているのでそちらもチェックしてください。

t.co

今回の調整は今までの調整も相まってヒット確認や差し返しを狙うプレイヤーに恩恵が来るような形となり、かゆいところに手が届いた形です。皆さんも是非ケンを使ってみてくださいね。