しょげイベ情報局っ!

eスポーツに対する独自の考えやストリートファイターVを中心とした不定期に開催される「しょげぴーイベント」について、様々な方が寄稿していただくブログです。 連絡先 Twitter→@Gameplay623 Gmail→syogepixiv1@gmail.com

灯争大戦 プレビュー感想 その8

引き続き「灯争大戦」のカードを見ていきます。

最近のスタン環境を知らないので見当違いなことを言うかもしれませんが、あしからず。

1 ケイヤの誓い

戦場に出た時効果がクリーチャーにも飛ばせるのでかなりえらい。

他の能力も相手のライフを削りつつ、ライフゲインもするのでゲームを長引かせやすい。攻撃されたときに誘発するので、ライフゲイン前に0点に達することもない。

2 Finale of Eternity

タフネス参照除去。

アグロに対してコントロールが使う可能性が。x=2や3で盤面が処理できるのがいい。

黒単色の全除去が乏しいので代理で使う可能性も。ボーナス能力はEDH用。

3 Finale of Glory

X分だけトークン生成。ボーナス効果はまぁ達成できなさそう。

トークンデッキには重宝しそう。X=2以上ならマナレシオ通りだし、どの場面で出しても強そう。インスタントじゃない代わりにトークンのサイズが2/2。

4 Sarkhan the Masterless

サルカンはネタ能力に。PWをドラゴン化させる。他のPWがいる前提のカード。

しかし、破壊耐性がないのでそこが怖い。

マイナスで盤面にも触れる。フル活用しようとするとピーキーだが、どの場面でも能力は使える。

常在型能力もドラゴン限定。ドラゴンメインデッキには使えそう。トークンにはめっぽう強そう。摂死持ちドラゴンがいるとなおさら。

今後ドラゴンが追加されればスタンでも十分に使用できる。

5 黒き剣のギデオン

ストーリ上の主役。ギデオンの最後の雄姿。

カード自分のターンになると勝手にクリーチャー化する。

強すぎる。3マナのスペックではない。トップレアレベル。

白単色やボロス、白黒もビートダウンに3枚は入る。

自身のスペックも強いのに、+で他のクリーチャーに能力を付与できるおまけつき。

マイナスもここぞというときの保険になる。