しょげイベ情報局っ!

eスポーツに対する独自の考えやストリートファイターVを中心とした不定期に開催される「しょげぴーイベント」について、様々な方が寄稿していただくブログです。 連絡先 Twitter→@Gameplay623 Gmail→syogepixiv1@gmail.com

灯争大戦 プレビュー感想 その6

引き続き「灯争大戦」のカードを見ていきます。

最近のスタン環境を知らないので見当違いなことを言うかもしれませんが、あしからず。

1 Jaya, Venerated Firemage

赤の発生源の火力アップ。クリーチャーでもいい。

本人は2点火力を好きに飛ばせる。5マナと思いものの、軽量クリーチャーを除去できるのでリミテでは強そう。タフネス4が焼けるようになる。

構築環境では赤単バーンにはうってつけ。鎖鳴らしが全員2点飛ばし始めるのがやばい。4マナだったら強かった。二段攻撃とも相性がいい。

2 Karn, the Great Creator

相手のアーティファクトを制限する能力。

自身にアーティファクトがあるとクリーチャー化する。

アーティファクトよりの構築ならすんなり入りそう。

EDHでは相手の妨害ができるのもいい。

マイナス能力はどうだろう。ブラスカの侮辱で追放されたPWを戻せるくらいかもしれない。無色なので強すぎるとどこにもはいってしまうしね・・・。

 

3 Nissa, Who Shakes the World

 強い。唯一の紋章持ち。今のところ紋章を触れるカードはないのでそこが強い。

土地が森だらけならかなり強い一枚。すでにスタン環境にが緑単色がいるので、そのアーキタイプにすんなり入ってしまう。プラスでひたすら土地をクリーチャー化できる。クリーチャー化もずっとなので強い。土地を壊されてもマナは倍出るので何も問題ない。

4 ニッサの勝利

森専用サーチ。3マナ域にニッサ・プレインズウォーカーがあるともうやばいが、そんなことはならなかった。緑単色ならデッキ速度は落ちるものの順調に土地を伸ばすことができる。ミッドレンジよりのデッキならこのカードによって他に色もタッチしやすくなる。森以外の土地も採用しやすい。

5 Domri, Anarch of Bolas

強い。クリーチャーのパワーを挙げつつ、カウンターケア。

コントロールだとドムリ本人をケアしないとそのまま負けてしまう。

マイナスで除去もある。ただクリーチャーありきなので、デッキタイプは限られる。

メインというよりは対コントロールに対するサイドインが強そう。

6 灯の分身

自身がコントロールしているものをさらにコピーする。夢の同じPW2枚編成ができる。

テフェリーやボーラスをコピーするとやばそう。盤面が有利な時にはフィニッシャーになりそう。

7 God-Eternal Bontu

アモンケットの神がゾンビとして復活。

バントゥは出た時にパーマネントをドローに置換する。

キャスト時じゃないのでカウンターで止められるとつらそう。

アリストクラッツにはもちろん、土地も変換できるので盤面が硬直した際に有効牌を引くためのもあり。

8 God-Eternal Rhonas

今度はロナス。

出た時にクリーチャーのパワーが倍、警戒を与える。

正直弱い。これが刺さっているときはすでにほかの手段で勝っているような気がする。

9 Tamiyo, Collector of Tales

日本人が好きな手札アドバンテージ回収機。

しかもそのアドバンテージを失うこともない。布告にも体制ができるのも嬉しい。

ただただ恒久的にアドバンテージをとるのでコントロール向け。ハンデスも手札公開のみなのでゲームプランを進めやすくなる。

10 God-Eternal Kefnet

アドバンテージ発生器。トップ依存なので占術と相性が良い。スペックも同じ飛行持ちの天使の4/4に勝てるので申し分ない。マナレシオもよく、青絡みならすんなり入りそう。